1番最初に訪問したのは「リクルートキャリア」です。
言わずと知れたリクルート、大手ですね。

リクルートキャリアに面談に訪れての感想を以下の表にまとめます。

ちなみに「カマエ的点数」とは私の主観でつけた面談後の点数です。高いほど好印象。
今後、企業との書類選考や面接結果で点数が変わる可能性があります。

■株式会社リクルートキャリア

カマエ的点数 95点
従業員数/設立 約3500名(大)/1977年
面談時間 約70分
面談の流れ 私への質問 → 求人紹介
マイページ機能 有り・求人検索も可能。非常に使いやすい
カマエが感じた特徴 求人が豊富、弱みが無い
特にお薦めできる方 初めての転職の方/エージェントを1社に絞りたい方

場所は東京駅すぐ近くのビル。特に迷わずに到着。
さすが大手。ビルの中もエレベーターも人が一杯でした。

【面談】

通された部屋は、席が対面で1席ずつの小さな部屋。今考えると一番小さい部屋だったかもしれません。紙コップでのお茶か水を選択して面談スタート。夏なので飲み物は助かります。

上の表でもありますが、面談は私への質問・ヒアリングの後、事前に選んで頂いた求人の紹介という流れでした。これは他の人でも他エージェントでも大きく変わらないと思います。

求人の多さは流石と言ったところでしょうか。大手の貫禄(良い意味です)か、転職を急かすようなことも無く、落ち着いて検討することができました。

私は以前に転職活動をしていたため、職務経歴書の添削はお願いしていなかったのですが、自発的に指摘頂き、内容も的を得ていたので、非常にありがたかったです。

また、今の転職市場についてお聞きしたのですが、今はバブル以降、つまり過去20年の中で一番景気が良いとのことでした。30代という年齢が気になるという話もしましたが、未経験への転職は厳しいかもしれないが、同業であれば今は内定率が上がってきているとのこと。

うーん、どこまで本当なのでしょうかね。(笑)
同じエージェント内でも担当の方により考えが違い、受け取る側も同じことが言えるでしょう。
求人の応募もそうですが、結局は自分で情報の取捨選択をすることが大事ですね。


【その他・感想】

マイページと呼ばれるWEBサイトもあるのですが、これが使いやすく、求人数も多く、求人票に採用人数が書いているのも良いですね。また、マイページで気になる求人に入れると、応募者人数もわかるのでライバルが多いかもわかります。
WEBサイトは10社中ココが1番使いやすかったです。
色々と充実しており、ここ1社で事足りると言っても過言では無いでしょう。

ただ、抱える転職者数が多いからか、自分から動かないとそのまま放置される印象はあります。
気になるのはこのくらいでしょうか。特に弱みが見つかりません。

最後に勝手な感想ですが「リクルートキャリア」と「リクルートエージェント」は結局同じ会社でいいんですよね?
メール等で「リクルートエージェント」とあると混乱するので、できれば統一を。。。