管理人のカマエです。

エージェント紹介も半分まで来ましたので、中休みということで転職活動を通じ「エージェント面談~企業応募時」に気を付けるべきと思ったことを6点ほど書いてみます。

【書類関連】
履歴書、職務経歴書は応募前にしっかりブラッシュアップする
企業は書類から合否を判断するため、応募後の書類修正はマイナスになる可能性が高いです。
書類をブラッシュアップするのは時間がかかり面倒ですが、このタイミングしかないのでエージェントと内容を精査し、面接時に自分が話しやすい資料にすることが大事です。

履歴書、職務経歴書はエージェント間で使いまわすべき
エージェントにより各書類のサンプルがあったりしますが、それに合わせる必要はありません。
サンプルからポイントだけ抑え精査した書類を、他エージェントでも使い回しましょう。
エージェントにより書き方が異なると管理も大変になるので。
私はリクナビNEXTの職務経歴書を少し改良したものを最後まで使い回しました。

【応募関連】
大企業は早めに応募する
大企業は人気で応募数が多いので、選考が遅いです。
中小企業と一緒に選考を進めたい場合、大企業の応募を早めにしないと、選考タイミングが間に合わない可能性大です。

応募したい企業を明確にエージェントに伝え、重複応募は避けること
エージェントとの面談では明確に応募の意思を伝えましょう。
どっちつかずの場合、エージェントが勝手に応募してしまうこともあるようです。
その結果、重複応募となったり。重複応募は企業に管理能力を疑われるので避けましょう。

エージェントが薦めた求人は比較的通りやすいので、気になれば積極的に応募を
この企業はイイ!と自ら応募する場合、熱意を持ちながら選考を進められるかと思います。
おそらくエージェント側も同じで、自分が薦めた企業を応募してくれたら、熱意と責任を持って進めてくれるはず、と思ってます。
私はほぼエージェントが選んだ企業に応募しましたが、書類通過率が約80%でした (゚д゚)!
この辺は後日書きますが、気になれば積極的に応募しましょう。

30歳の書類通過率(約10~20%)はあくまで平均。自分のキャリアに合わせた応募数を
私は5社目訪問後あたりで、応募済企業から書類通過の連絡が少しずつ来ました。
書類通過後、どこのエージェントも「最低でも1次面接は行ってほしい」と言われます。
特に在職中の方は面接時間の調整が大変になるので、応募数に気をつけましょう。

次の投稿は6社目「パソナキャリアカンパニー」のお話になります。